客観的な意見を取り入れましょう

客観的な意見を取り入れましょう

客観的な意見を取り入れましょう 女性がオーディションを受ける場合、やはり容姿は特に大切な部分になります。ただ美しかったり可愛かったりするだけではなく、自分の見せ方や雰囲気もとても大事な要素です。
例えば、すごくナチュラルな雰囲気が美しい人が、ごてごての厚化粧でオーディションに臨んだ場合その魅力も半減してしまいます。自分をどのように見せたらよいか、どんな色やお化粧が似合うのか等、事前に他の人や例えばメークアップアーティストやヘアメイクさんなどにリサーチして、知っておくとよいでしょう。
自分の見せ方というのがとても大事にはなりますが、自分で思っている長所と人から見た時の印象は意外と異なるものです。ぜひ他の人のアドバイスを取り入れた服装やメイクを試してみてください。また逆に自分の中に、どうしても表現したい個性があるのであればそれを際立たせるような服装やメイクでオーディションに臨むのも良いでしょう。リスクはありますが、それがピッタリ合う場合には採用される可能性が高くなります。

制作の意図を汲んでオーディションに臨むこと

制作の意図を汲んでオーディションに臨むこと たとえばドラマの配役を決めるためのオーディションの場合、制作側の意図を組んだ形に自分を合わせていくことがオーディションに受かる近道です。制作の意図を汲むとは、たとえばうだつのあがらない窓際族の上司役という設定のオーディションであれば、実は自分はばりばりの仕事ができるタイプでどちらかというと憧れ上司タイプだった場合でも、髪型や雰囲気、服装などをその意図にあわせたものに寄せて選考を受けるという意味です。
やはりそのまま即戦力としてそのドラマに使えると思ってもらう事が、合格するための近道です。実はどんな配役にでもなれるカメレオン俳優だったとしても、その場その場でオーディションの場所からすでにその役に合わせて自分を見せる事ができるのが一番ベストな方法です。
ドラマの作成現場は時間が限られていることが多く、主役の配役以外であれば特に大事なのはいかに時間をかけずにリアリティのあるシーンが撮れるかという事です。こちらがその準備をしていくことで、一緒に映像を作っているという連帯感がうまれ、仕事が成功しやすくなるでしょう。

新着情報

◎2020/8/20

客観的な意見を取り入れましょう
の情報を更新しました。

◎2020/5/12

オーディションで事務所に登録
の情報を更新しました。

◎2020/2/20

記入する書類も焦らず記入
の情報を更新しました。

◎2019/11/7

履歴書の書き方のポイント
の情報を更新しました。

◎2019/10/31

サイト公開しました

「オーディション 女性」
に関連するツイート
Twitter