履歴書の書き方のポイント

履歴書の書き方のポイント

履歴書の書き方のポイント オーディションの選考には2つあり、いきなり会場選考する場合と書類選考を経て会場選考に移る場合です。
会場選考には面接や実技があり、面接で履歴書は使用します。書類選考は書類審査のみで、それを通過した者のみが会場選考に進めます。
どちらの場合でも書類はいい加減にはできません。まず書類は書式に従って整えますが、できるだけオーディションに合格した経験者談や情報を入手し、成功体験を参考にして書類を作成することをお薦めします。書式通りにただ作成すると、審査する人が求めるポイントを外してしまう恐れがあります。
例えば学校の卒業履歴では単にXX学校卒業とするのではなく、YYコースやZZ学科という所まで書くと、本人の経歴判断の参考になるからです。ボランティア経験やアルバイトなどの職歴もその種類が分かるようにすると、合格した後にその経験が活かせると判断されるかもしれません。しかし何でも書けば良いのではなく、あくまで審査する側が求めるものは何かを想定し、その要求に近づくような内容を簡潔に記さなければ、相手の目には留まりません。
そういう意味で、オーディションを何度も落ちているなら、その際に何故落ちたのかを確認することは大切です。その情報で足りなかった所やダメだった所が修正でき、より合格に近づけるからです。
是非この点に注意し、常に書類をブラッシュアップしながら履歴書を整えてオーディションの合格を目指してください。

オーディションを受けるための書類選考の履歴書の書き方のポイントについて

オーディションを受けるための書類選考の履歴書の書き方のポイントについて 芸能界に入り歌手や俳優として活躍することを夢見て日夜頑張っている人が沢山いますが、そのためにはオーディションに合格する必要があります。
オーディションの審査に通るには実技や面接など様々な試験をクリアする必要があるので、専門の学校に通ってしっかりと基礎的な知識を学ぶ必要があります。ただその前に立ちはだかるのが書類選考で審査員の目に留まらなければその段階で落ちてしまうので、どうすれば書類選考を突破することができるのかよく考えることが大切です。
多くの審査員が先ず注目するのが顔写真なので自信のある写真を貼り付けることになりますが、いくら写真が良くても自己PRなどがよくなければ不合格になってしまうのでこの点に関しても注意が必要です。
また履歴書の書き方も重要で大きなポイントは正直に書くことで、自分をよく見せるために虚飾して書いてしまい後でバレたら大変なことになります。
このようにオーディションに合格するには先ずは書類選考に合格する必要があるので、履歴書をはじめとして書き方には十分に注意した方が良いです。

新着情報

◎2020/8/20

客観的な意見を取り入れましょう
の情報を更新しました。

◎2020/5/12

オーディションで事務所に登録
の情報を更新しました。

◎2020/2/20

記入する書類も焦らず記入
の情報を更新しました。

◎2019/11/7

履歴書の書き方のポイント
の情報を更新しました。

◎2019/10/31

サイト公開しました

「オーディション 歌」
に関連するツイート
Twitter